EMAIL

投稿 27th June 2013

ニコラ・スピリグ、オリンピック トライアスロンチャンピオン
2012年ロンドンオリンピック、女子トライアスロンにおけるニコラ・スピリグの劇的な勝利は忘れがたいものでした。この才能に溢れたスイス人トライアスリートが、Onのランニングシューズのアンバサダーとなりました。
ニコラ・スピリグは、何事も中途半端を嫌います。オリンピックレースやトレーニングだけでなく、ゲストへのプレゼンテーション、あるいはメディアの写真撮影まで、彼女は全てに全力で取り組みます。「常に最高の自分であること」は、長年にわたる彼女の信念です。2012年のオリンピックに向けたトレーニングの合間にすら、ニコラは大学の法学部を極めて優秀な成績で卒業したのです。

ニコラのスポーツ選手としてのキャリアは、人生の早い段階でスタートしました。彼女は、スポーツ一家の三人兄弟の末っ子として生まれました。彼女の祖父、叔父、そして両親は皆、体育教師でした。ニコラは7歳のときにランニングを始め、10歳のときに最初のトライアスロンに参加しました。その最初のトライアスロンで2位に入賞したときから、彼女のキャリアはスタートしました。

ニコラはシリアスなアスリートであり、同時に家族想いでもあります。ロンドンオリンピックでの勝利後、プライベートでも様々なことが起きました。パートナーでトライアスロン仲間のレト・ハーグと結婚し、今年の春、息子を出産したのです。アスリートとして、そして母として、最高のパフォーマンスを発揮するのはどれだけ難しいか想像に難くありません。しかし、この物静かで内気にすら見える女性にとっては、もしかしたら簡単なことかも知れないと思えます。短い「育児休暇」の後、ニコラは戻ってきました。今彼女は、ハードなランニングにエネルギーを注いでいます。

ニコラの次の大きな目標は、2014年にチューリッヒで開催されるヨーロッパ陸上競技選手権大会、そして2016年のリオデジャネイロオリンピックです。ニコラはスイス代表になるため、全力を尽くすことを決意しています。そして、この先全てのレースで、彼女がベストだと判断したシューズを着用します。それこそが、On (オン)です。

「たった一度履いただけで、完璧なOnファンになってしまいました!」ニコラは思い返して語ってくれました。「Onこそ私が求めていたシューズです。今後、トレーニングにもレースにも、Onを履いていきます。ヨーロッパ選手権に向けたトレーニングのモチベーションも上がっています。素晴らしいシューズをありがとう!」

関連ニュース

Related_cloudracer

特許技術 CloudTec®システム搭載、Onクラウドレーサー

クラウドレーサー詳細